良心的な家づくりで地元の信頼を得る三島市の工務店

subpage1

三島市の工務店は良心的な家づくりで地元の信頼を得ています。



無理な勧誘をすることなく、顧客に寄り添う態度を保っています。


このことは、会社の利益を優先するのではなく、地元の人々との信頼関係を優先することを示しています。



価格表示は的確で、坪単価表示のみのごまかしは行いません。
良心的な地元の業者を適切に評価する目を地元の消費者が持つかどうかが、家づくりの成否を決めます。三島市の工務店の取り組みの中に、耐震性の強化があります。

工務店が採用する木造軸組み工法は、建築基準法で定める最低限の筋違いを設置するだけでは十分な耐震性を得られないことがわかってきました。

対策として床の剛性を高めることが挙げられ、もはや三島市では、どの会社でも標準装備となっています。


無垢材の使用や瓦屋根の設置など、耐久性を高めるための措置は十分に行われています。


全国展開するハウスメーカーと、三島市の工務店の差は、誠意があるかどうかです。
ハウスメーカーは売れさえすれば良い住宅をつくります。

販売した後のメンテナンスは重視せず、ほとんどは外注に任せます。実際に工事を行うのは地元の業者ですが、高いマージンを取られているので余力がなく、思い通りの工事ができていないのが現状です。

ハウスメーカーの提供する住宅と、三島市の工務店がつくる住宅の差は、耐久性となって現れます。



本当の差はm、建築後50年を過ぎてからでないと現れません。


新築時点でその差を見極められるかどうかが、失敗しない住まい選びのポイントです。